記事作成をして小説の印税のように報酬が継続するPVモンスター!

今回も文章を書いて稼ぐお話です。

最近は私はWebライターの副業に精を出しております。

(しかし、大事なネット小説の更新も忘れていませんよ。)

私に取って一番大事なことは小説を書くことですから。

言うなれば、Webライターの副業は仮の姿です。

小説家になる為のスモールステップ!先ずは文章を書いて稼ぐ
私は以前、小説家になりたいと思っていた時期がありました しかし世の中そう甘くはありません。 小説家になる人……それを仕事に出来る...

 一気に小説家を目指すのでは無く、文章を書く事でお金を稼ぐ方法を模索して徐々にステップアップをして小説家を目指すこと

を実践中なのです。

とまあ、それはいいとして……

最近、Webライターの副業をするにあたって、素晴らしいクラウドソーシングサービスを見つけてしまいました。

私にとっての副業Webライターの一番の不満は、自分の書いた大事な文章を2足3文で買い取られてしまう事です。

超有名なライターさんなら話は違うのでしょうが、副業でWebライターをする者の文章の文字単価は本当に安いです。

どれくらい安いかというと……1文字0.5~(かなり良くて)1.5円くらいです。

一文字0.5円だと400字詰め原稿用紙5枚書いても1,000円くらいです。

私は書くのが遅いので、時給にすると400円くらい?

それに一生懸命良い文章を書いたとしてもクラウドソーシングサービスで募集されている案件の文字単価は記事の質で変わったりしません。

正直、心が折れそうになる時もあります。

しかし、本当に見つけてしまったのですよ。一生懸命に良質な文章を書こうとする(もしくは書ける)書き手を守ってくれるクラウドソーシングサービスを!!

書いた文章に継続的に報酬が発生するPVモンスターというなのサービスです。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

PVモンスターの仕組みとは?

みなさん、印税生活という言葉はご存知ですか?

そうです。その印税生活です。

印税(いんぜい)とは、小説などの出版物の作者に対し、売り上げに応じて出版社が支払う対価です。

税というよりはロイヤリティです。

私は下記のような記事を書くぐらい印税生活には敏感です。(←意味が分からない)

ズバリ!小説の新人賞を受賞すると、一巻の印税はいくらでしょうか?
本当か嘘か分かりませんが、新人賞を受賞した小説の一巻の印税はだいたい72万円だそうです もちろん、売れ行きが良ければ重版もかかりますし...

PVモンスターはそんな印税のような仕組みを取り入れているのです。

依頼企業のサイトやブログに文章を書いて、それをたくさんの人が見れば見る程、報酬が支払われるのです。

書いた文章が依頼者のサイトやブログに掲載されている間は永遠に報酬が支払われ続けるのです。

まさに、書いた小説が増刷されれば、永遠に印税の入ってくる小説のようです。

報酬は以下のように計算されます。

「閲覧開始数」 × 「単価」 × 「60%」

「閲覧開始数」とは、Googleなどの検索エンジンからの流入によって閲覧された数です。

「単価」は記事作成を依頼する企業が決めた「閲覧開始数」1PVあたりの価格です。

「60%」は記事作成者の取り分で、残りの40%がPVモンスターの取り分です(たぶん)。

ですので、単価が10円の案件で文章を書いて、それが1日(閲覧開始数が)100PVを稼いだとすると……

100(PV) × 30(日) × 10(円) × 0.6 で

1万8,000円です。

記事が掲載される限り、毎月1万8,000円が入る訳です。

仮に書いた記事が2,000文字だったとします。

普通にクラウドソーシングサービスでやり取りをすると、1,000〜2,000円で買い取りされてしまいます。

しかし、PVモンスターなら1万8,000円の可能性やそれ以上の可能性があるのです。

もちろん、その逆の可能性もありますが……

検索エンジンの上位に表示されて、どんどん閲覧開始数が増えれば、もっとたくさんの報酬が見込めます。

これはもう、記事を書くならPVモンスターしかないでしょう?

こちらは良い文章を書くのに必死なのです。

私は文章を書くことに妥協はしません。

妥協した文章が書けるほど暇を持て余してないからです。

そんな文章を託すならPVモンスターのようなところです。

もし、自分の書いた文章がたくさんの人に読まれて、喜ばれて、検索エンジンでの評価もあがり、さらにたくさんの人に読まれたら嬉しいではないですか?

そしたら自分に報酬として返ってくるのです。

ある意味、小説と似ていませんか?

書いた作品を世の中に送り出して、人々の評価を得れば、増刷されてさらに多くの人の目に届くのです。そして印税が入ります。それが小説です。

しかし、記事を買い取られてしまったらそんな期待も出来ません。

文章を書く事に自信のある人や、誇りのある人、書くのが好きな人は挑戦してみませんか?

【PVモンスター】

PVモンスターについて詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

【▼ 追記 ▼】

PVモンスターに登録をして記事を提出してしまいました。

【▼ さらに追記 ▼】

とうとうPVモンスターさんで報酬を獲得してしまいました。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
記事作成をして小説の印税のように報酬が継続するPVモンスター!
この記事をお届けした
niyutaのケータイ小説で稼ぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク