ココナラで文章作成の副業!小説作成にこんなにもメリットあり!

小説を書くことと、文章を書くのが好きなniyutaです。

現在、「E★エブリスタ」で毎日1ページずつ自分の小説を更新中です。

毎日、読みに来てくれる読者様がいてくれたりするので、やる気がでています。

本当に小説投稿サイトの仕組みには感謝しています。

私のような者にも自作の小説を読んでもらえる場を与えてくれました。

話は変わりまして、このブログのタイトルは「オリジナル小説で稼ぐ-ケータイ小説で稼ぐ」です。

実際のところ、どうにか、小説を書いてお小遣いを稼ぎたいです。

百歩譲って文章を書くことでお小遣いを稼ぎたいと思っています。

そして前回の記事では、ココナラというサイトで小説を書いて売っている人がいると記事を書きました。

依頼に応じて短編小説を書いて販売する?ココナラでなら売れます!
ココナラには「小説・シナリオの作成・書き方」の販売カテゴリがあります 小説を書くのが趣味のniyutaです。 みなさんはココナラ...

時代はここまで来たのか……と感動です。

試しに自分も「小説を書くサービス」を出品してみようかと思います。

そして、いろいろ出品されているサービスを見ている時に興味のある内容に出会ったのです。
image

なんと趣味で小説投稿サイトに小説を投稿している方が文章作成のサービスを出品しているのです。
image

えっ、えっ、えっ?

勝手に自分と同じ境遇なのかな? と思い、嬉しくなりました。

しかし、その人が出品しているのは、「小説を書きます」ではなく「文章を書きます」なのです。

試しにダイレクトメッセージを送ってみました。

返信のメッセージ内で私の事を「同じような境遇で驚いてます(笑)」と言って頂き、私としては嬉しいです。

私は「小説作成ではなく、なぜ文章作成なのでしょう?」 と聞いてみます。

私が、ココナラで記事作成のお仕事をさせていただいているのは、お金よりも文章表現の幅を広げるためだと思っております。

お客様から様々な内容で、どのように使われるのかを意識して書く。

これが、趣味の小説にも活きてきます。

また、クリエイターとして、色々な知識を得られるのも、十分なメリットかと思います。

他にも、細かいメリットがございますが、上記2点の理由から、記事作成のお仕事は、とてもお得なものではないかと思います。

感動です。同じ、趣味で小説を書く者として感動です。

文字単価を理由に、今までなかなか文章作成の副業にドップリと染まることの出来なかった私ですが、小説の為と思えば、今まで以上に文章作成の副業に精が出るかもしれません。

丁度、小説の為のイラストを依頼したり、自分のブログのプロフィール画像を依頼したりと、ココナラヘビーユーザーの私は有効期限の切れそうなココナラポイントがありました。

この方に「ココナラで文章を書く依頼を受けて、小説の作成に役立つ(役立った)こと」とのテーマで文章を書いて下さい。

とお願いしてみました。

下記がその文章です。

今回、1,000文字との縛りの中で書いてもらいましたので、少し、私で修正させて頂いた部分があります。ご了承下さい。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

ココナラで文章作成の依頼を受けるメリット

沢山の文章を書くのには、かなりの体力が必要です。

新人賞などを狙う場合は、どの賞に応募するかで変わってきますが、だいたい8万文字から10万文字程度の文章量が必要です。

書くための時間も必要ですが、毎日でもコツコツと執筆作業を進めるという体力や集中力が重要になります。

自分の趣味をお金に変えるという事は、並大抵の事ではありません。

ましてや趣味の時点では、自分が動かなくても怒られることがありません。

そのため努力をしていても、成果が出なければ諦めてしまいがちになります。

ですから、「お仕事」という「やらなければならない」という状況にしてしまえばいいのです。

「お仕事」ですから、やらなければ怒られてしまいます。少なくとも、信用を無くしてしまいます。

逆に、上出来な文章が出来た時は、お客さから喜ばれます。

また、「ココナラ」でしたら、不定期にご依頼がくるので、気が抜けそうなところで気を引き締めてくれます。

喜ばれたかどうかも、ご購入後の評価を頂くことで実感がより一層感じられます。

「SINOBIライティング」などで自分の書きたいテーマを探して、ひたすら文章を書くというのも、文章を書く体力をつけるという意味では、いい方法かと思います。

しかし、この方法は内容を選ぶことが出来るので、知識が偏ってしまう恐れが出てきます。

自分の書きやすい内容じゃないと、なかなか筆(近年は、キーボードですかね)が進みませんから。

それが悪い事ではないとは思います。
ただ、独り善がりな文章ほど、面白いと思ってもらえないと私は思います。

ストーリーも、常に一本調子になりそうですからね。

また、文体についても、似たような書き方をしていくことが多くなるので、
小説というジャンルでは面白みが掛けてしまうかもしれません。

その点。「ココナラ」を活用した方法ですと、ご依頼という事で記事の内容が決まります。

こちらには、決定権が無いため、どのような文章を書けばいいのか。そういうところで頭を使います。

さらに。

「ご依頼」を受けたという事は、見る方が目の前に居るという事です。

少なくとも、メールで「この文章が」や「オンプなどの記号はダメ」など、文章量以外でのルールも明確になります。

創作活動としては、ルールに縛られ過ぎるのも楽しくないところですが、最低限のルールを守った上で、最良のモノを作り上げるというのも創作活動の醍醐味なのではないでしょうか。

知識の幅というのも、自分が知らないことを書くことにより広がっていきます。

基本的には、インターネットで検索して、その内容を文章へと書いていきます。

「自分が知らない」という事は、「調べること」も出来ませんから。

お客様とのやり取りも含めて、自分の成長を感じられので、とってもやりがいがありますよ。

なにより。

文章の知識や幅も広がり、自分の創作活動にも役立ち、お小遣い稼ぎまでできる。

こんな嬉しい事は、無いですよね?

小説を作成する上でのココナラの文章作成のメリット

・小説作成に必要や体力や集中力がつく

・読み手(依頼者)テーマに沿って、書かなければいけないので、独りよがりにならない

・依頼されたことを書くので知識が広がる

・依頼者に喜ばれることを実感できる

……良いことづくめではないですか。

黙々とライティング特化のクラウドソーシングサービスでテーマに沿った記事を量産するよりも面白いかもしれません。

Webライターの副業にもこんな楽しみ方はいかがでしょうか?

ココナラ

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
ココナラで文章作成の副業!小説作成にこんなにもメリットあり!
この記事をお届けした
niyutaのケータイ小説で稼ぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク