小説を販売する方法《Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)編》

Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)で本を出版する方法

こんにちは、個人出版の可能性について考える……などという高尚な思いは全くなく、とにかく自分の書いた小説でお小遣いを稼ぎたいと思っているniyutaです。

今回は、Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)で本を出版する方法を確認してみました。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)での電子書籍販売の流れ

1. KDPでアカウントを作成し、登録情報をすべて設定する

2. 出版したい本を適切なファイル形式で用意する

Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)では、さまざまな形式のファイルをアップロード出来ますが、特にWord(.doc/.docx)またはHTML(.html)形式でアップロードすることを推奨しているようです

3. アカウントにサインインし、「新しいタイトルの追加」をします

4. 商品の詳細情報の入力します

電子本を読者に紹介するための情報を入力します

Kindleストアで商品を探すお客様の為に、商品の画像をアップロードすることもできます

5. コンテンツのアップロードとプレビュー

本のファイルをアップロードして、Kindleストアで販売するための準備をします

6. 出版権の確認

コンテンツの出版権のステータスを選択します

7. 価格とロイヤリティ情報の入力
ロイヤリティオプションと本の希望小売価格を入力します

ファイルの容量と希望小売価格により、ロイヤリティを35%か70%で選べるようです

以上で準備完了です。これでKindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)での自身のオリジナル小説を販売する事が出来ます


広告

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
小説を販売する方法《Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)編》
この記事をお届けした
niyutaのケータイ小説で稼ぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク