オリジナル小説を個人で販売する方法《DLmarket編》

皆さんはDLMarketを御存知ですか?

どうにか自分の書いた素人小説を売りたいniyutaです。

オリジナル小説を販売出来る方法としてDLmarketについて調べてみました。

ダウンロード販売のマーケットプレイス DLMarketは、デジタルコンテンツを自由に売買できるダウンロード販売専門のマーケットプレイスです。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

DLMarketとは

電子書籍やソフトウェアなど、多くのデジタルコンテンツが売買されています。

会員登録は無料で、デジタルコンテンツの購入費用以外は一切かかりません。

販売者も商品が売れなければ、販売手数料は一切かかりません。そして販売手数料も格安です。

販売手数料

商品の販売価格 :~1,000円

14.3%

商品の販売価格 :1,001円~

9.6%+57円

販売の概要

WordやExcel、PDFなどさまざまなフォーマットの電子書籍・ドキュメントが販売できます。

一番いいのはPDFファイルでの販売だと思います。

PDFファイルは、PCはもちろんiPhoneやiPad・スマートフォンなど、ほとんどのデバイスで閲覧が出来るからです。

「Word」「Excel」(2007以降)なら、PDFへの変換もすぐに出来ます。

「Word」「Excel」(2007以降)を持っていなくても、簡単にPDFへの変換が出来るフリーソフトも多くあります。

オリジナル小説販売手順

1.アップロード会員に登録

「新規会員登録」からアップロード会員に登録

2.販売したいオリジナル小説をアップロード

アップロード会員にログイン後、[商品新規登録]から販売したい商品の種類を選んでクリック

3.アップロード完了。宣伝をする

登録が完了すると、商品ページへのリンクとhtmlコードが表示されます

自分のホームページやブログ、Twitterなどで宣伝をします

4.売り上げを確認します

商品が売れると、自動で「売上速報」メールが送信されます。会員ページからも商品の売上状況がすぐに確認できます。

5.売り上げ金を受け取ります。

毎月月末に売上の集計を行い、販売手数料を差し引いた収入が最低支払金額を超えている場合、指定の口座に振込まれます(振込手数料315円を差し引いた金額となります)。

振込日は、原則締め日の翌月16日です。

最低支払金額は[会員情報]→[支払い設定]より設定可能です。(初期設定は3,000円となります。)

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
オリジナル小説を個人で販売する方法《DLmarket編》
この記事をお届けした
niyutaのケータイ小説で稼ぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク