売れる場所はこんなにある!オリジナル小説の販売プラットフォーム

個人で自分のオリジナル小説を販売出来るプラットフォームについて調べました

こんにちは、小説家になることを夢見るniyutaです。小説家にはなれないまでも出来れば自分の書いた小説でお小遣い稼ぎが出来ないかと目論んでいます。

■「Kindle・ダイレクト・パブリッシング(KDP)」

アマゾンが2012年10月にスタートした電子書籍販売プラットフォームです。
出版費用は無料。

売れれば価格の35~70%が印税として著者の銀行口座に振り込まれる仕組みです。

オリジナル小説を個人販売する方法(Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)編)

■「パブー」

パブープロ版に申し込めば、「ストア連携」機能により、パブーに投稿しているオリジナル小説をそのまま「キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)」などで販売が出来ます。
ブクログが提供しています。

■「ブックスペース」

ゴマブックスが提供しています。

■「E★エブリスタ」

ディー・エヌ・エー(DeNA)とNTTドコモが共同出資する会社が運営するオリジナル小説投稿サイトです。
・販売代金から、エブリスタが別途定める回収代行手数料・システム利用料を差し引いた金額が作者に入ります。
※システム利用料は、代金からエブリスタが別途定める回収代行手数料を差し引いた金額に60%を乗じた金額です(1円に満たない端数は切り上げ)。

・販売代金は、図書券利用月の翌々月15日に支払われます。
・1話のページ数は1~40ページの間で自由に設定できます。
・1話を40~120円で販売出来ます。

E★エブリスタでの小説の販売方法

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
売れる場所はこんなにある!オリジナル小説の販売プラットフォーム
この記事をお届けした
niyutaのケータイ小説で稼ぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告