個人でも方法はいろいろ!オリジナル小説を販売する方法《総合編》

個人のオリジナル小説を販売する良い方法について調べてみました

私は趣味でオリジナル小説(ネット小説)を書いています。
わざわざ個人同士でメールのやり取りをして、銀行振込等を利用しなくても、オリジナル小説を個人で販売する方法はいくつもあります。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

個人のオリジナル小説の販売方法いろいろ

オリジナル小説販売プラットフォームで販売する

売れる場所はこんなにある!オリジナル小説の販売プラットフォーム

ポータル型ダウンロードサイトを利用する

Gumroad

Gumroadは誰でも簡単にデータ(コンテンツ)を販売できるようにするサービスです。

Gumroadを使えば、たとえばイラストレーターやミュージシャンが、そのまま作品をダイレクトに発表して販売出来ます。

忍者サンドボックス

※見せる相手を選べる機能のひとつとして、イラストや小説の作品を有料で公開する機能があるようです。

DLMarket
ダウンロード販売のマーケットプレイスです。手軽に決済代行も行ってくれるダウンロード商材の売買サイトです。

有料のメールマガジンを利用する

・FC2ブロマガ

オリジナル小説をFC2ブロマガで販売

※有料で記事を公開する「ブロマガ」という機能があります。
他にも色々な方法があると思いますが、今はネットの発達により、個人がオリジナル小説を販売しやすい環境にあると思います。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
個人でも方法はいろいろ!オリジナル小説を販売する方法《総合編》
この記事をお届けした
niyutaのケータイ小説で稼ぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク