ネット小説の作成時に「iテキスト」と「Textever」を使うのはどうでしょうか?

ケータイ小説やネット小説をテキストエディタ等に書いていると、案外、1ページの入力文字数が気になります。
小説投稿サイトでは投稿時に、そのサイトのルールに沿った文字数で1ページずつ区切らないといけないからです。
ページ数や文字数を気にせずに作成した小説を後から、小説投稿サイトに投稿しようと思うとかなり大変です。
例えば、作成済みのケータイ小説を、E★エブリスタに投稿する場合・・・
E★エブリスタは1ページの文字制限が1,000文字ですので、わざわざ1,000文字ずつで、小説を区切って投稿しなくてはいけません。これが非常にめんどくさいです。
仮に新規で書いている作品をE★エブリスタに投稿する場合でも、直接、E★エブリスタのサイトに文章を書き込む人はあまりいないでしょう。どこかに一度文章を書いて準備すると思います。
私はネット小説の創作活動を自身のiPhoneとAndroidタブレットで行っておりますが、やはりiPhoneで書くことが多いです。

余談ですが、別のブログでおすすめのAndroidタブレットについて書かせて頂いています。
ASUS ME173 TABLETはコストバフォーマンス最高
また、バリバリ文章を書く方にはBluetoothキーボードがあると便利だと思います。

そのiPhoneでネット小説作成時に使う、入力文字数が確認しやすいテキストエディタをここでご紹介したいと思います。
「iテキスト」と「Textever」です。(「Textever」は有料アプリで200円ですが、たまに期間限定で無料販売しており、私はその時にダウンロードしました)
「Textever」は「Evernote」と連携して使うことができ、私は自身のオリジナル小説を「Evernote」で管理しているので大変便利に使っております。
オリジナル小説のデータ管理にEvernoteを使っています
「Textever」は画面の真ん中右側に現在の入力文字数が表示されます。
細かい使用方法はここでは書きませんが、入力した文章がリアルタイムで「Evernote」に同期されていくので、素晴らしく便利です。
あと、私が勝手に(無料の)テキストエディタとして素晴らしいと思っているのが、「iテキスト」です。
「iテキスト」はドロップボックスと連携が出来て、環境設定がかなり細かく出来ます。
画面の上部のファイル名タブをタップするか、「環境設定」内にある「文字数カウント」で入力文字数が確認出来ます。
機会があれば、是非使ってみて下さい。
文章作成の創作活動が効率アップする事請け合いです。
これまた余談ですが、他のブログでiPhoneとAndroidタブレットでの便利なファイルの共有方法を記事にしておりますので是非ご参照下さい。
http://recommended.niyuta.net/tablet/0007


ソニーストア

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
ネット小説の作成時に「iテキスト」と「Textever」を使うのはどうでしょうか?
この記事をお届けした
niyutaのケータイ小説で稼ぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告