E★エブリスタで作品を有料販売する時の「話」とページ数の考え方

「E★エブリスタ」の作品を有料販売する時の「ページ数」と「話」と「シリーズ」の関係が分かりづらいと思います

こんにちは、書籍化を夢見て、延々といろいろな「小説投稿サイト」に自作小説を投稿しているniyutaです。

このブログの訪問者様に下記のような質問を受けました

質問

「E★エブリスタ」で作品を有料販売する時の1話というのは、1章のことでしょうか?

他の訪問者の方でも、「E★エブリスタ」で有料販売する作品の「話」という考え方が、よく分からないという方もいるかもしれません。

ここで、私はこうだと思いますという意見を書きます。

私個人がこう思っているとの内容ですので、間違いや考え違いなどあるかもしれませんので、あらかじめご了承下さい。

「E★エブリスタ」さんでの「話」とはただの販売単位ぐらいのイメージだと思います(ズバリ!!かなり乱暴)。

「話」というのは「E★エブリスタ」さんの中での、ページ数(章?)のまとまりみたいなものです(こう書くとまた分かりづらいですが……)。

「E★エブリスタ」さんで作品を無料公開していた人が、いざ有料販売しようとする時に迷われる方が多いのかと思いますが……

仮に「E★エブリスタ」さん内で小説を自由なページ数で書いたとします。

…………「第1章」(1ページ~13ページ)
…………「第2章」(14~21)
…………「第3章」(22~32)
…………「第4章」(33~38)
…………「第5章」(39~52)
…………「第6章」(53~61)
…………「第7章」(62~83)
………………

ページ数が上記になった場合に、例えば「1章から3章までを40円で売ります」、「次は4章から6章までを50円で売ります」というのは分かりづらいので、下記のように「話」単位にして販売する形式をとっているのでは無いでしょうか?

……「第1話」(40円です)
…………「第1章」(1ページ~13ページ)
…………「第2章」(14~21)
…………「第3章」(22~32)

……「第2話」(50円です)
…………「第4章」(33~38)
…………「第5章」(39~52)
…………「第6章」(53~61)

……「第3話」(60円です)
…………「第7章」(62~83)
………………

実際はもっと奥深い考え方や意味があるのかもしれませんが……

私は上記ぐらいに考えるのがベストだと思います。


下記は私が別のブログで書いた記事です。旅行好きな方で興味がありましたらぜひ読んで下さい。
http://recommended.niyuta.net/hotel/0039

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
E★エブリスタで作品を有料販売する時の「話」とページ数の考え方
この記事をお届けした
niyutaのケータイ小説で稼ぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告