「E★エブリスタ」で自分の小説の閲覧数を増やす方法《こぼれ話》

なかなか「E★エブリスタ」に投稿している小説の閲覧数が伸びないのが悩みです

以前の記事の続きの、どうでも良いようなこぼれ話?です。

「E★エブリスタ」で自分のネット小説の閲覧数を増やす方法《1》
なかなか「E★エブリスタ」に投稿している小説の閲覧数が伸びないのが悩みです 私は小説投稿サイトの「E★エブリスタ」に現在三つの作品を公...
「E★エブリスタ」で自分のネット小説の閲覧数を増やす方法《2》
なかなか「E★エブリスタ」に投稿している小説の閲覧数が伸びないのが悩みです 前回の記事の続きです。 「E★エブリスタ」で...

私は趣味でケータイ小説を書いています。現在「E★エブリスタ」に自分の小説を投稿しているのですが、せっかく書いた作品ですので出来るだけたくさんの人に読んでもらいたいと思っています。

そして、少しでも「E★エブリスタ」で自分の作品を見てもらえるようにいろいろな方法を調べ、上記のような記事を書いたのです。

その時に気付いた余談をここに書かせて頂きたいと思います。あまり有用な情報では無いので暇つぶしぐらいにお読み下さい。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

「E★エブリスタ」でネット小説の閲覧数を増やす方法を考えた時の余談

「E★エブリスタ」はログインしている人の閲覧数が重要!?

(これについては多分そうだろうとの推測ですので、そのつもりでお読み下さい)

ランキング上位にいけば、その作品は安泰でしょう。読者様のほとんどが、おそらくランキングから自分の読みたい小説を探すと思います。ランキングページの表示としては「(カテゴリ)の読者数ランキング」と書かかれてあります。

つまり前日、最も読者数が多かった作品が一位、二番目に多かった作品が二位で表示されます。

なので私は、以前自分の作品の閲覧数が多かった日に、何位でも良いから自分の作品がランキングに出ていないかと見てみた事があります。

しかし、私が想像していた辺りには私の作品はありませんでした。(ランキング表示では、「この作品は昨日XXXXの人に読まれました」と表示されます)

おかしいなぁ。予想では私の作品は昨日このくらい読まれていると思ったのに……と思いました。

ここで私は勘違いしていたのですが、読者様が「E★エブリスタ」にログインしていようが、していなかろうがランキングには関係無いと思っていました。

話は変わりますが、作品のトップページに表示される「閲覧数」と下の方に表示される「この作品を読んだ人一覧」の数字は一致しません。

「この作品を読んだ人一覧」に表示されるのは「E★エブリスタ」にログインをしている人だけです。

そして「閲覧数」は「E★エブリスタ」にログインしているかどうかは関係無く、とにかく誰かに閲覧をされた数です。

……どうもランキングの昨日の閲覧数とは「E★エブリスタ」にログインしている読者に読まれた数字のようでした(たぶん)。

私の作品は一日の「閲覧数」と「この作品を読んだ人の一覧」を比べると極端に「この作品を読んだ人一覧」の数が少ないのです。

「E★エブリスタ」のネット小説を一生懸命、修正すれば良いことが!?

私は「Eエブリスタ」に投稿している作品を、たまに見直して書き直しをします。

以前の記事で、作品を更新すると「新着」ページに表示されるので、「新着」から見たい作品を探している読者様の訪問が増えます。と書いたことがあります。

私は、てっきり「公開設定」で公開するページを増やした時だけ「新着」ページに作品が表示されるのかと思っていたのですが、どうも既存ページの推敲をして修正し「更新」をするだけでも「新着」ページに表示されるようです。

ネット小説のタイトルが失敗!?

これは、読み手さんがどのようにすれば、私の作品に辿り着く事が出来るのだろう?と「検索」機能を確かめている時です。

私の小説のタイトルは「少年〆海賊〆ジェニー」です。

読者様が検索ワードに使いそうな語句と言えば、やはり「海賊」でしょう。出来るだけ「海賊」のワードで上位表示されないかと「E★エブリスタ」の検索から「海賊」を検索していたら……

あれ、おかしいなぁ?全然、「海賊」とは関係なさそうな小説まで検索結果に表示されて、私の作品の上位にきていると思いました。

なぜだろう?と思って、作品説明を見てみると……なんと……「○○○○海賊版」でした……

……やられました。


私が他のブログで書いた記事です。旅行を計画中で興味のある方はぜひご覧ください。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
「E★エブリスタ」で自分の小説の閲覧数を増やす方法《こぼれ話》
この記事をお届けした
niyutaのケータイ小説で稼ぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク