coconala(ココナラ)で小説の表紙イラストを注文した《3》

coconala(ココナラ)で自分のオリジナル小説の表紙イラストを頼む事に決めました【その3. 表紙を依頼編】

前回の記事では、自分のオリジナル小説の表紙を描いてもらうクリエイターさんを探しました。

ココナラ

↓coconala(ココナラ)に登録
http://novel.niyuta.net/cover/0064

↓クリエイターさん探し
http://novel.niyuta.net/cover/0065

今回の記事では探したクリエイターさんに実際に表紙イラストを依頼したいと思います。

前回、「お気に入り」に6人のクリエイターさんを登録しましたが、最終的に誰に頼もうか迷います。

絵の上手い方は多いですが、やはり自分の小説のイメージに合っている絵柄が良いです。

各クリエイターさんの、「サービス内容」や「購入にあたってのお願い」をよく読み返します。

そして、この人にお願いしようと思う人を一人選びました。

では「購入」ボタンをクリック……の前に……

描いて欲しいと思ったクリエイターさんに事前に、「DM」(ダイレクトメッセージ)を送る事にしました。

ココナラには「ダイレクトメッセージ」という機能があり、購入前に気になるサービスの出品者へメッセージを送ることができます。

購入に関する質問などがある場合は、この「ダイレクトメッセージ」を使ってみてください。

別に「購入」ボタンを押してから、クリエイターさんとやりとりをしても良かったのですが、初めての事ですので少し慎重になり、前もって自分の購入目的や用途を伝える事にしました。

クリエイターさんの中には「商用利用不可」としている方がたまにいます。

私の使用目的は「E★エブリスタ」で公開している自分の小説の表紙にすることですが、どんなものが出来上がったのか、このブログにもアップしようと思っています。

このブログにはアフィリエイト広告をはっていますので、後から「ここにはってはいけません」と言われても困るので、その辺も事前に確かめておきたいと思いました。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

coconala(ココナラ)でのサービス購入の流れ

coconala(ココナラ)のクリエイターさんにダイレクトメッセージを送ります

少しドキドキしながら、初めてココナラのクリエイターさんに「ダイレクトメッセージ」を送ったのですが、すぐにレスポンスを頂き、ものすごく丁寧に対応頂きました。

私の選んだクリエイターさんは私の確認事項や要望は全て大丈夫だと言って頂きました。

これで、購入しても良さそうですが……

自分の目的を伝えると同時に、描いてもらうにあたって、どんな情報が必要か、問い合わせをしました。

するとまたもすぐにレスポンスが……大変丁寧なクリエイターさんです。

表紙絵を描くにあたって、必要な情報は全て揃ってますとの事でした。

これで安心して「購入」ボタンをクリックできます。

購入(支払い)方法は下記の中から選べます。一番楽なのはやはりクレジットカードでしょう。

・クレジットカード(VISA / MasterCard)

・WebMoney (ウェブマネー)

・BitCash (ビットキャッシュ)

・楽天ID決済

満を持して「購入」ボタンを押しまします。

coconala(ココナラ)の「トークルーム」というのが始まりました

「トークルーム」とは、自分とサービス出品者の間のみに表示される非公開のページです。やり取りするための掲示板みたいなものです。

すぐにクリエイターさんからメッセージが来ました。

「ラフを作成しますので1~2日お待ちください」との事です。

本当はこの「トークルーム」でサービスの内容をつめるのでしょうが、私はすでに事前の「ダイレクトメッセージ」で大体の内容について話がついています。

ですので、話が早いです。

これでまずはラフを待つだけです。楽しみです。

ココナラ

続きは下記記事です
http://novel.niyuta.net/cover/0070

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
coconala(ココナラ)で小説の表紙イラストを注文した《3》
この記事をお届けした
niyutaのケータイ小説で稼ぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク