小説の販売時に重要!オリジナル小説の表紙イラストの調達方法≪2≫

ああっ……自分の書く小説にかっこいい表紙イラストが欲しい!!と思ったことはありませんか?

いつも小説のことばかり考えているniyutaです。

小説の販売時に重要!オリジナル小説の表紙の調達方法を考える≪1≫
小説をKindle・ダイレクト・パブリッシング(KDP)などの電子書籍の販売サイトで販売しようとすると……その時に一番悩むのが、小説の表紙か...

の記事でも書きましたが、オリジナル小説を個人販売するにあたって、表紙のイラストは重要です。

しかしいったい、どうやって調達すれば良いのか?

前回の記事ではクラウドソーシングサービスで依頼をする方法を書きました。

しかし、前回の記事のランサーズの場合は、サイト上で依頼して描いてくれる人を募る方法でしたが、他にも面白そうなクラウドソーシングサービスがありました。

ココナラというサービスです。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

オリジナル小説の表紙イラストが買えるココナラ(coconala)とは?

このサイトには「プログラム作成します」、「イラストを描きます」等のサービス提供者が沢山登録していて、依頼者がその中から選んで仕事を依頼するという形式です。

このサイトの良いところは、サービス提供者が自身の(イラストなどの)作品をサイトに掲載している事です。

サイトの方針として、サービス提供者は自身のイメージ画像を三点このサイトに登録する事が出来ます。

提供するサービスがイラストやロゴなどのデザインでは無い人は、イメージ画像を自身の写真等にしている人が多いですが、提供するサービスがイラストやデザインの人は自分が自信のある作品や、得意ジャンルがイメージ出来る作品をアップしています。

つまり事前に描き手さんの作品を確認できます。

そして、自身のオリジナル小説のイメージに合う絵柄の絵描きさんに表紙を依頼出来る訳です。

試しに、私も自身のオリジナル小説「少年海賊」のイメージに合うような描き手さんはいないかと探して見ると……なかなか上手い描き手さんが多くいらっしゃり「少年海賊」の表紙に合いそうな絵を描く描き手さんもいらっしゃいました。

まだ、「少年海賊」は個人販売はしないつもりですので、今は依頼しませんが、将来的にはここで頼むのも良いかもしれないと思いました。

少し気を付ける事としては、自身のオリジナル小説の表紙を依頼する時に商業販売する事を伝えて「買い切り」にする事でしょうか?

だいたいの描き手さんが、「著作権の譲渡まではしておりません」とコメントしています。

しかしそれも話し合いをして追加で料金を払う事によりどうにでもなると思いますので、今後、自身のオリジナル小説を販売する方で表紙が無い方はここを使ってみてはどうでしょうか?

ココナラ

【▼ 2015年9月30日追記 ▼】

あんなに悩んでいたオリジナル小説の表紙問題も無事解決です。

coconala(ココナラ)で表紙を500円で購入しました。

coconala(ココナラ)で小説の表紙イラストを注文した《4》
私のオリジナル小説「少年〆海賊〆ジェニー」にとうとう…… とうとう……表紙が出来ました!! これが500円です!! ...
記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
小説の販売時に重要!オリジナル小説の表紙イラストの調達方法≪2≫
この記事をお届けした
niyutaのケータイ小説で稼ぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク